スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

『The Godfather』

こんにちは。


アンティーク百貨店 「横濱畔道」です(*^^*)




時々 大好きな映画について

ここで書かせていただいてます☆.。.:*・






1日1作品 とは行きませんが

頻繁に鑑賞しています。





この度は
とてもお気に入りの映画

 『 The Godfather Ⅰ~Ⅲ 』

に対する思いを書かせていただきますね。 






無題








Ⅰ~Ⅲを全部観るためには7時間程度かかるので


あらすじを超簡単に・・




____________________________________________________________________________________


ニューヨークに君臨するイタリア系マフィアのコルレオーネ・ファミリー。

一族のドンが『ゴッドファーザー』と呼ばれるヴィト・コルレオーネ。

ヴィトには4人の子供がいる。 長男・ソニー、次男・フレド、三男・マイケル、長女・コニー。

ソニーは愛情深いが粗暴な性格。 フレドと共に家業を手伝い、

「次期 ゴッドファーザーはソニー」  と、 誰もが思っていた。


一方 マイケルは『マフィア』という家業を嫌い、

大学を出て世界大戦の兵隊に志願、英雄として帰還するのであった。

一族のドンである父も本人の意思を尊重し、

マイケルにはマフィアとは別の道を歩ませるつもりでいた。  しかし・・・



____________________________________________________________________________________



アル・パチーノ演じるマイケルを中心に話は進みます。

全編通すと大変長い映画ですが、

無駄なシーンは一切ないです。

それくらい1つ1つが大変丁寧に作り込まれていて、

何十回観た今でも まだ発見があるくらいです。

ただのギャングムービーではなく

より社会派であり、 ヒューマンドラマでもあります。




登場人物が多く複雑で  1回ではまず理解不可能(笑)。

大した人物紹介もなくフラッと登場した人が

あっという間に消されたりΣ(゚゚ノ)ノ

あっという間に裏切りを働いたり。 


人物に関して説明が足りない箇所もあるので、

あれこれ想像しながら観ないとついていけません。

(でも個人的には説明的すぎる作品は苦手ですね。邦画に多いですが。)




パチーノ演じるマイケル・コルレオーネ

fc2blog_20150815123246b2a.jpg






最初に観たのは中学生の頃。

学校の図書室にビデオが置かれていたのですが

何故か『ゴッドファーザー』 の 『Ⅲ』 だけがあって、

何を思ったのか 純な中学生の私は借りたのでした。


鑑賞。 もちろん全く理解できませんでした(ノ∀`)



ⅠもⅡも観ていない子供が理解できるわけがないですね、

大変 「大人向け」な映画なので。

全編通してとにかく暗い、渋い・・・ そして暗い(笑)。


学校は何を思って図書室に入れたのか不思議です。

教育に良い! とでも思ったのでしょうか。

『ゴッドファーザー イイわ~』 と語る中学生がいたらちょっと怖いですよネ!






デ・ニーロ演じる若かりし頃のヴィト・コルレオーネ

godfather-ii.jpg






私が持っている限定DVD-BOXは、

ゴッドファーザーⅠ~ⅢのDVDが

特典の葉巻ケース風の木箱に収納でき、

コルレオーネ一族の家系図をプリントしたクロスまで付いてきました。


その家系図は我が家のトイレに貼ってあります (笑)。




マーロン・ブランドやアル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロなど

名優がたくさん出演してます。   皆さん素晴らしいです。 






アンディ・ガルシア演じるヴィンセント。 色っぽいですね~・・(*´`*)

Andy Garcia The Godfather Part III






ヴィンセントが悪を一蹴する場面。

ここの決め台詞が超カッコイイです。 が、ネタバレになるので伏せます・・。

601px-Gf3-coltrev.jpg






Ⅲのクライマックスでは毎回泣きます。悲しくて、寂しくて・・

全編通して観てきたからこその思い入れが、ラストで一気に込み上げます。

これだけ長く観ていると感情移入してしまい、

自分もまるで『コルレオーネ・ファミリー』の一員である錯覚に陥りますね。



視聴者やファンとしてではなく、

いつの間にか『ファミリーの一員』として見守っているんです。 しかも幹部 (笑)。


ファミリーの幹部で、凄腕ヒットマン 『アル・ネリ』という人物が出てくるですが

最近はアルになりきって観てます。

『ドンのために次はあいつを消してやろうか・・』 みたいな。


もうビョーキですね~ (笑)。









*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ *:..。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ *:..。






映画 | コメント(0) | 2015/10/05 13:19
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。