ローマ帝国時代のガラスを、現代のアクセサリーに。



こんにちは。

Vintage&Antique「横濱畔道」です(*^^*)







約2000年前 古代ローマ時代に製造され

地中で「銀化」した美しいガラス「ローマングラス」を


10889.jpg






1つ1つ丁寧に 成形し、

アクセサリーにしました☆




10778.jpg





現行のスワロフスキーと組み合わせて

美しいピアスに。


10779.jpg




10780.jpg




10781.jpg


こちらも

スワロフスキーや

ヴィンテージのアレキサンドライトと合わせて

ネックレスに。


10782.jpg


10784.jpg



相変わらず写真が下手ですみません(泣)

10785.jpg




下記ローマングラスについて詳しく書いてます。

興味のある方はご覧下さい(^^)↓




☆ローマングラスとは・・

紀元前1世紀から紀元4世紀末まで、ローマ帝国は東はシリア、西はポルトガル、北はドイツ、南はエジプトまで領土を拡大した。軍隊を各地に駐屯させ、ガラス職人を派遣してガラスの製造に当たらせている。従って当時の遺品は、東地中海沿岸、西アジアをはじめ、フランス、ドイツ、イギリスなどから広範囲にわたって出土してくる。更にシルク・ロードを経由してインドやアフガニスタン、中国、果ては日本にまで運ばれており、当時の重要な産業の一つとして世界各地に輸出されていたことを示している。

 今日、我々が手にするローマン・グラスは、二千年の眠りから覚め、稀には美しい虹色を帯びている。この虹色は銀化(iridescence)と呼ばれ、ローマン・グラスの魅力の一つとなっている。この現象は土中の水分などによって、ガラスの成分からアルカリ分が浸出し、珪酸の網状組織が分解されることによって起こる一種の風化現象である。この結果、ガラスの表面に雲母状の珪酸層が形成され、光を乱反射して金色や銀色に輝くのである。試しに銀化したガラスを水中に入れると、空洞となった隙間に水が侵入し一時的に銀化現象は消え去る。このような銀化のメカニズムを承知しても、光を受けて煌く妖しい虹色の魅力は決して消えることはない。








創作骨董  明さんとコラボして実現した作品です。




是非 お手に取って

歴史の奥深さや、ローマングラス特有の銀化の美しさを感じ取ってみて下さいね。
(^^)






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ *:..。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ *:..。


ブログでご紹介した当店のお品は、各委託先にて販売中です☆
遠方の方は発送も承ります。下記アドレスよりご連絡下さいね(^^)



<イベントスケジュール>

8月27日(水) 14~18時
上大岡 雑貨SHOP「フリマボックス ミオカ店」 


<「横濱畔道」商品取り扱い店舗>
上大岡 雑貨SHOP「フリマボックス ミオカ店」 

心とカラダのリラクゼーション スペース「宙 SORA」



<オンラインショップ>
オンラインショップはこちらから(^^)


<お問い合わせ>
yokohama-azemichi@rmail.plala.or.jp


にほんブログ村 雑貨ブログ ヴィンテージ雑貨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村


新商品のご紹介 | コメント(2) | 2014/07/27 14:34
コメント
おはようございます(^▽^)ローマんグラスいつもステキでうっとりしちゃいます。ジュエリーケースは畔道のネックレスだらけになってこれ以上入らなそう、、。でも次はどのローマングラス買おうか考えてます(爆)
るみさん☆
お返事遅くなり、申し訳ございませんでした!(>_<)

ネットの調子が悪かったのと、地方に旅行していたため、お返事が遅くなってしまいました。
(*_*)
毎日暑いですね!(>_<)

ローマングラスはこういう時期にこそ着けていただきたいシリーズです☆

アレルギーなど気になる場合は、革紐などでカスタムすると良いですよ☆

今月のイベントにも新作を持っていきますので、楽しみにしていてくださいね~っ
(^^)

管理者のみに表示